読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平凡ANAマイラーのブログ

2016年、SFCを目指して修行の過程を記録。その為のANAマイル獲得技を紹介します。

②2016年SFC修行第11回目 バンコク編 1日目

いざANAラウンジを出発!

と、思っていたら、アナウンスが流れて、これから板前さんの握る寿司サービスが始まるということで、それを食べてからいくことに。

 

f:id:anasfc:20160717154945j:plain

マグロとサーモンが乗ったお皿で提供されます。他にはマグロとエビの皿もありました。

f:id:anasfc:20160717155004j:plain

目の前で握ってくれているので握りたてをすぐ頂けます。
 
バスターミナルから沖止めの機材までバスに揺られていきます。

f:id:anasfc:20160717155033j:plain

f:id:anasfc:20160717155102j:plain

プレエコだと、DIA会員が多いのか、何人かのお客さんにはCAさんが座席まで挨拶しに来ていました。
 
機内食も食べ終わり、落ち着いてきた頃、CAさんがデザートなどの希望を聞きにきます。前回シンガポールの時にはトレーに乗ったデザートどちらかを選ぶようにということでしたが、今回はデザート2種類お持ちしていいですかと聞かれ、2種類ともお願いしました。

f:id:anasfc:20160717155208j:plain

どちらもおいしかったです。また、ついでにスープもお願いしたところ、コーンスープがでてきました。ただの甘いコーンスープと違い、複雑な味で、こういう時に味を上手に伝えられない自分が情けないですが、まあそれが美味しかったこと。また飲みたいな。

f:id:anasfc:20160717155228j:plain

バンコクにもうすぐ到着という段階になって、アナウンスが流れて、どうやらスワンナプーム空港が混雑しているから10分程空の上で待機するとのこと。マップで見ると小さく旋回しているのがわかりますが、機内ではそんなこと全然感じない(当たり前か)

f:id:anasfc:20160717155352j:plain

そんなこんなで無事ついたところで、どんだけ空港の中がこんでいるのか、地獄の入国審査待ちはどんだけ長いのな、いざ入国審査までいったところ、各レーンに5人程並んでいるだけで拍子抜けでした。
 
ターンテーブルまで行く途中に隣のエリアの入国審査がみえたのですが、そっちはめちゃくちゃ混んでいて、中国人団体客が沢山。彼らは団体行動だから、こういう時には中国人団体客がいない方いない方へと行けば割りかし空いているのかもと勉強になりました。
 
そして荷物を優先的に早く受け取り、SIMを購入したところでタクシー乗り場へ!...ではなく、出発ロビーへ!前回学習した通り、タクシー乗り場は100人近い人が並んでいるのでいつタクシーに乗れるかわかったもんじゃない。だから出国ロビーに行けばお客を降ろしたばかりのタクシーがすぐつかまるので、そこに行けば並ばずにすぐに乗れるんです。案の定、客を降ろしたり運転手に、乗らないかと営業され、即乗車できました。
 
タクシーでコンラッドバンコクまで40分位で着きました。フロントには夜間の為か、日本人スタッフはいませんでしたが、そんなのは問題ありません。ヒルトンHオーナーズのおかげで無料wifiを用意してもらい、高層階の部屋にアップグレードしてもらえました。
 

f:id:anasfc:20160717155716j:plain

 

夜なので外は真っ暗ですが、明日の朝、外の景色を見るのが楽しみです。
珍しいタイプですが、ガラス張りのシャワーブースの目隠しカーテンが寝室側にあります。安心してシャワーを浴びてたら、こっそり寝室から覗かれたりしないだろうか。私は一人で来ているのでそんな心配はありませんが。

f:id:anasfc:20160717155845j:plain

結局、おとなしく1日目が終わるわけなく、バーを見つけて2時に就寝。明日の朝食バイキングにはしっかり起きないと!